安全で安心な農産物の生産をするため できるだけ化学農薬や化学肥料や除草剤を減らします

当会規約

十 勝 農 研  会 則

第1条 (名称)

     本会は、十勝農研と称する。

第2条 (目的)

     本会は、環境保全と安全・安心な農産物生産のため、環境保全型の農業技術の調査・研究に努める。また、消費者との信頼関係の中で、地産地消を基本とした安全・安心な農産物を供給し、十勝管内の農業の振興を図ることを目的とする。

第3条 (会員)

① 本会は上記の目的に賛同する者を会員とする。
② この会に入会を希望する者は、会員1名以上の推薦を得て会長の承認を得るものとする。
③ 退会を希望する者は、会長に申し出をし、承認を得るものとする。
④ 会員が著しく会の規律を乱したり、名誉を汚すような言動を行ったり、会費を滞納した場合は、総会の決定により退会していただくこともあります。

第4条 (事務局)

      本会事務局は、帯広市西18条南1丁目29-1に置く。

第5条 (活動内容)

      本会は、第2条の目的達成のため次の活動を行う。
① 十勝管内における環境保全型農業の普及・啓発活動
② 環境保全型農業生産に関する生産技術の為の、調査・研究・研修会及び講習会等の開催
③ 産消提携活動の普及・啓発活動及び販売に掛かるネットワークの構築、運営
④ 特別栽培農産物の認証
⑤ その他この会の目的を達成する為に必要な事業

第6条 (役員)

① 本会は、会長1名 会計1名 監事1名を置く。
② 会長は 会務を総括し、会計は 本会会計を監査し、監事は 会務・会計を総会に報告する。
③ 役員の選出は、総会にて行い、任期は1年とし再選を妨げない。

第7条 (総会) 

① 総会は年1回以上、開催する。
② 総会は出席者をもって成立し、出席者の過半数で議決される。

第8条  (会計)

       本会の会費は、1名につき年額10,000円とし、年度当初に徴収する。退会時は返納されない。

第9条 (会則の改廃)

       総会の議決を必要とする。

第10条 (事業年度)

        1月1日より12月31日までとする。

付則   本会の会則は平成20年4月18日から施行する。

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional